水商売で使われている隠語

雑学として知っとく?

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

実は世の中にあふれているのです

水商売と呼ばれるのはどのような仕事でしょうか。 以前は飲食業などが挙げられていましたが、現在では特定の業種をさす事が多いです。 夜間営業でお酒だす飲食店(バーやクラブ)やその他風俗業などですが、サービス業だけに表と裏の言葉の使い分け(隠語)があります。 続きを読む

水商売の隠語とは

隠語が生まれた背景には、仲間の中だけで理解できる言葉をつくことが必要だったためです。
例えば、警察官などが外部の人に会話の内容を知られてしまうと困ることもありますが、そうした場合にも隠語にあたる言葉が使われたりします。
ドラマでも有名ですが(隠語として不成立?)、マルなんとか、などをよく耳にしますよね。
マルと漢字の一文字を加えて隠語にしているのです。
また、病院においても隠語は使われています。
医者や看護師の場合、患者とその家族も一緒にいるために、業務内や仲間だけで理解できるような言葉を使います。
そうすると業務がスムーズになる場合もあるからですが、これも隠語にあたります。

また、有名なところでは、流通業や小売業においては符牒と呼ばれる言葉が使われていますが、これも隠語の一種であるといえます。
お客さんと対面するサービス業においては、お客さんに不快な思いをさせないように、店舗ごとに、あえて違う言葉で言い換えています。
よくあるのが「トイレ」「食事」「休憩」などの言い換えでしょうか。

隠語のもうひとつの特徴として、専門用語または業界用語としての側面です。
ある業界の中で、細かなニュアンスや内容を表現するために、また業務を効率よく運ぶために、普段使わないような言葉または言葉遣いをする場合もありますが、これらは業界用語や専門用語となるわけです。
特定の人だけに伝えるためでなく、わかりやすいように簡略化または別の言葉に置き換えるわけです。
各業界でも、そんな用語はたくさんあるはずです。

こうなるともう暗号

水商売の隠語を調べていると、言葉の本来の意味とは大きくかけ離れてしまったものも多々あります。 普段の生活で使わない隠語とはもともと暗号のようなものです。 正しい言葉である必要もないわけですが、面白いものもたくさんありますね。 お店で聞いたら多分わかりません(笑)。 続きを読む

普通は意味とは違うけど

一般的にはこの名前だけど、水商売になると変わってしまう名前は存在します。 それは縁起をかついだものだったり、または比喩的なものだったりするものですが、その言葉選びにはある種のセンスを感じるというかとても興味深いものがあります。 隠語の奥は深そうです。 続きを読む